> > > > 第141話「運命の分かれ道」

<新スタートレック:エピソードリストに戻る

第141話「運命の分かれ道」詳細データ

<< TNG 第140話「ロミュラン帝国亡命作戦」へ

TNG 第142話「バースライト(前編)」へ >>


「運命の分かれ道」ストーリー

ピカード艦長は外交任務についている際、テロリストによって重傷を負い、自分は白い世界にいることに気づく。そこにはQがいて、ここは死後の世界で自分は神であると主張した。そしておまえが死ぬことになったのは昔の負傷による人工心臓のせいであると教えられる。

若い頃の自分の行動を後悔して、人生をやり直せるなら同じ失敗はしないというピカードに、Qは彼の人生の最も大きい分岐点の一つとなる時間へ彼を戻してしまった。

彼はまだ新米少尉だった頃に、3人のノーシカン人と争いになり、その時に背中を刺され心臓を失なっていた。

ピカードが自分の過去をやり直す決心をし、戦いをひき起こした状況を避けると、その後の彼は天体物理学担当の中尉になっていることに気づいた。

もっと責任のある仕事につきたいと、この世界の上官であるライカーとトロイに進言するが、冷たくあしらわれてしまった。

ピカードはQに対して、今の新しい寂しい人生よりは、前回までの人生を経て死ぬことを望み、再びノーシカン人との戦いを再現するように懇願した。

すると、人生がリセットされ再び争いが起こり、彼はまたノーシカン人に刺されてしまい、やはり心臓を失うことになった。しかし、今度は現在のエンタープライズの医療室で回復することができ、ピカードは再びチャンスをくれたQに感謝した。

  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
  • 運命の分かれ道
番組データ
邦題運命の分かれ道
原題Tapestry
制作番号241
米国放送日1993年2月15日
宇宙歴不明
スタッフデータ
監督レス・ランドウ
脚本ロナルド・D・ムーア
ゲスト出演者
コーリー・ズエラー少尉ネド・ボーン
マルタ・ベタニティーズ少尉J・C・ブランディ
ノーシカン人クリント・カーマイケル
ペニーレイ・ノーマン
ジョン・デ・ランシー
モーリス・ピカードクライブ・チャーチ
ジャン・リュック・ピカード少尉マーカス・ナッシュ
コンピュータ・ボイスメイジェル・バレット
声の出演(ゲスト)
コーリー檀 臣幸
マルタ吉田 美保
ノーシカン小室 正幸
ペニー一城 みゆ希
羽佐間 道夫
モーリス小室 正幸
コンピュータ一城 みゆ希
日本語版制作スタッフ
翻訳岸田 恵子
調整田中 和成
効果リレーション
演出戸田 清二郎

<< TNG 第140話「ロミュラン帝国亡命作戦」へ

TNG 第142話「バースライト(前編)」へ >>



> > > > 第141話「運命の分かれ道」

<新スタートレック:エピソードリストに戻る